光の狭間

10250098_602668279809201_4221175385639150090_n
(写真は Yuriko Saitoさんです)

 

 

なぜだろうと・・

 

 

常に 問い続けていく

 

 

上手くいかないことや

 

 

理不尽なことも

 

 

人のせいにすることなく  その真理を問い続けていけば

 

 

いつの日か その問いは、必ず気づきとなる

 

 

 

 

得た気づきを そのままに終わらせることなく

 

 

一歩 踏み込み、 今の自分に生かし続ければ

 

 

変容という流れの中で

 

 

物事は 少しずつ改善されてゆく

 

 

 

 

諦めない心と

 

 

聖なる諦めの その狭間の中で

 

 

今日も自らを試し、

 

 

楽しみながら実践を続け  自分らしく 今を生きてゆく

 

 

 


自分自身を生きる

 

10731187_708272389248789_6349355257459840050_n
(写真は、Yuriko Saitoさんです)

 

 

 

やらないこと、 出来ないことの

 

 

理由付けを沢山ならべて

 

 

チャレンジすることさえも  諦めていた あの頃

 

 

 

 

「出来ないと決めているのは、誰なの?」 と  人に聞かれ、

 

 

即座に 「私」 と答え、

 

 

自分自身に気づき、 全ての意味を知った

 

 

 

 

可能性を止め、ブロックをかけていたのは、

 

 

他の誰でもない自分自身

 

 

 

 

自分にとって 本当に必要なもののために、

 

 

不要なものを、勇気を持って手放すことで

 

 

本当に欲しかったものを手に入れる チャンスが生まれた

 

 

 

 

執着は、ここに留まり、

 

 

新たなるチャレンジは

 

 

変容と ワクワクとする創造の旅へと

 

 

我が身を繋ぐ

 

 

 

 

今を十分に味わえば

 

 

未来に恐れも不安も心配もなく

 

 

 

 

そして、天と自分自身への信頼は

 

 

どんな壁をも きっと乗り越えていけるという

 

 

根拠のない確信へと繋がれてゆく

 

 

 

 

様々な体験をする度に 問いが生まれ

 

 

一つひとつの問いと共に

 

 

気づきという名の 叡智を汲み取る

 

 

 

 

体験から培ったすべての経験は

 

 

自分自身の真の強さと 優しさとなり

 

 

 

 

そうした日々の積み重ねが、

 

 

自分の深い力を育て

 

 

自らを輝かせていく

 

 

 

 

一度きりの人生なら、

 

 

後悔のないよう、 自分自身を生きよう

 

 

 

 

今、この時を愛と喜びをもって

 

 

最善を尽くして、愉しみ、生きれば

 

 

時に叶って

 

 

必要なものが 必ず与えられる。

 

 


空(くう)

1391529_517901801619183_1356123109_n
(写真は、Yuriko Sitoさんです)

 

 

生きることの醍醐味は

 

 

自分自身を生きることだ

 

 

 

 

期待も 執着もなく

 

 

今ここに 本来の自分自身で生きれば

 

 

 

 

委ねることの真の意味を知り、

 

 

未来は、信頼と希望に変わってゆく

 

 

 

 


希望

8551_495866793822684_2070129220_n
(写真は、Yuriko Sitoさんです)

 

 

一つひとつの断片的な出来事も

 

 

いつの日か一本の糸になるのだろう

 

 

 

 

たとえ、今、闇の中にあろうとも

 

 

悲しみの中に深く沈んでいても

 

 

 

 

未来という言葉に

 

 

希望を照らし合わせてみる

 

 

 

 

一筋の光を見失うことなく

 

 

そこを信じて 今を生きれば

 

 

 

 

大いなる存在の采配のもとに

 

 

必ず道は開かれていくだろう

 

 

 


信じる

take074

 

人生には

 

 

時に応じて、 節目が来る

 

 

 

たとえ、それが困難な出来事のように思えても

 

 

 

竹が 節目を作る時のような

 

 

凛とした強さと

 

 

 

 

風にそよぐような

 

 

しなやかさと

 

 

 

 

全てを委ねる  柔軟な心を持ち

 

 

 

 

未来を信じて

 

 

喜びと共に  今を生きる

 

 

 

 


航海

MMO_hawaitousanset2500

 

もしも、自分の道を遮るものがあるなら

 

それは、 まさに

 

今、 自分を省みる時

 

 

 

 

自分の思いが

 

エゴから発したものか

 

愛と共にあるか

 

恐れを抱いていないか

 

真実と共にあるか

 

 

 

問い続けることで

 

自分を知り、 真の解放を得る

 

 

 

真実と共に

 

自分を信じて、

 

勇敢に歩み続けることにより

 

 

 

叡智の中で

 

真の力を育くんでゆく

 

 


真実

NAT63_stheadhotori500

 

先日、白鳥哲監督の「祈り」の映画にも出演されていた村上和雄先生と

全国で統合医療の講演をされている横浜船員病院の外科部長であり

副院長でおられます長堀優先生の講演会に参加してきました。

 

村上和雄先生が、ストレスのこともお話ししてくださいました。

ストレスには、陽性と陰性があって、私たちが、喜ぶとか、笑うとか、楽しいとか、

癒されるとか、感動するとか、人間にとっての「良い思いを持つこと」は、

陽性のストレスであって、陽性のストレスを加えると、良い遺伝子のスイッチが

オンになり、悪い遺伝子のスイッチがオフになるそうです。

そして、「祈 り」も 陽性のストレスであるとおっしゃっていました。

 

長堀優先生からは、

「想念は、力であり、エネルギーで、想念を変えることで

身体の状態も、現実をも変えていく。私たちは、波動であり、想いと共に

エネルギー体を整えることの大切である。

そして、愛と感謝と受容の思い、想念と信念が変われば、

身体にとっても、とても良い影響を与えてくれるのだということ、

そして、挑戦する気持ち、ワクワクとした思いを心にアプローチして、

輝いて生きることの大切さ」 を教えていただきました。

 

霊気法の中に、教義「五戒」というものがあります。

「五戒」は、霊気との響き合いを高める処方箋であり、

安心立命への道標(みちしるべ)となるものです。

 

今日一日「怒らず、恐れず、感謝して、人に親切にしながら、

自己の役割を淡々と果たしていくこと」。

 

それは、まさに想念、心の在り方を示しており、「良い思いを持つこと」が

安心立命である、健康と幸福への道であるということを伝えています。

「五戒」は、実践すればするほどに、深さを増し、多くの気づきを与えてくれ

生きるための大きな力となってくれます。

 

私は、お二人の先生のお話を聴かせていただき、そして、霊気法の「五戒」も含め、

真実は、大いなる存在のもとで、一致しているのだなぁと思いました。

 

img005