自分自身を生きる

 

10731187_708272389248789_6349355257459840050_n
(写真は、Yuriko Saitoさんです)

 

 

 

やらないこと、 出来ないことの

 

 

理由付けを沢山ならべて

 

 

チャレンジすることさえも  諦めていた あの頃

 

 

 

 

「出来ないと決めているのは、誰なの?」 と  人に聞かれ、

 

 

即座に 「私」 と答え、

 

 

自分自身に気づき、 全ての意味を知った

 

 

 

 

可能性を止め、ブロックをかけていたのは、

 

 

他の誰でもない自分自身

 

 

 

 

自分にとって 本当に必要なもののために、

 

 

不要なものを、勇気を持って手放すことで

 

 

本当に欲しかったものを手に入れる チャンスが生まれた

 

 

 

 

執着は、ここに留まり、

 

 

新たなるチャレンジは

 

 

変容と ワクワクとする創造の旅へと

 

 

我が身を繋ぐ

 

 

 

 

今を十分に味わえば

 

 

未来に恐れも不安も心配もなく

 

 

 

 

そして、天と自分自身への信頼は

 

 

どんな壁をも きっと乗り越えていけるという

 

 

根拠のない確信へと繋がれてゆく

 

 

 

 

様々な体験をする度に 問いが生まれ

 

 

一つひとつの問いと共に

 

 

気づきという名の 叡智を汲み取る

 

 

 

 

体験から培ったすべての経験は

 

 

自分自身の真の強さと 優しさとなり

 

 

 

 

そうした日々の積み重ねが、

 

 

自分の深い力を育て

 

 

自らを輝かせていく

 

 

 

 

一度きりの人生なら、

 

 

後悔のないよう、 自分自身を生きよう

 

 

 

 

今、この時を愛と喜びをもって

 

 

最善を尽くして、愉しみ、生きれば

 

 

時に叶って

 

 

必要なものが 必ず与えられる。

 

 


自分に戻る

7081_673504412725587_3857562673498077679_n
(写真は、Yuriko Saitoさんです)

 

自分の周りの出来事を  あるがままに見ると

 

 

それは 、そこにただ存在するだけになる

 

 

エネルギーを注ぐ場所は、 本当は他にあるのに

 

 

要らない批判や  評価や  拘りが、

 

 

無駄な執着を生んでゆく

 

 

 

 

ふと  そんな自分の滑稽さに気づいて

 

 

自分が、本当は何がしたいのか

 

 

何を望んでいるのか

 

 

どんな自分になりたいのか

 

 

自分の心と対話して、

 

 

本来、自分が在るに相応しい場所に 戻っていく

 

 

 

 

今の自分を心から好きだと思える時こそ

 

 

本来の自分のエネルギーで生きて居るときなのだろう

 

 

 

自分自身に居心地が悪いと感じる時こそ、

 

 

そうした執着に気づき、

 

 

本来在るに相応しい、

 

 

居場所と自分自身に戻る時かもしれない