霊性

yun_662

 

筑波大学名誉教授の村上和雄先生の「人を幸せにする魂と遺伝子の法則」

(致知出版社)を読みました。

 

 

京都大学の名誉教授・河合隼雄博士は、人間が幸福であると感じるためには

二つの条件があると考えていらっしゃったそうです。

 

 

・一つは、自分の人生にきちんと向き合って生きているということ。

・もう一つは、自分を超える存在とつながっているという感覚があること。

それが大事だと思っておられたそうです。

 

 

村上和雄先生も、魂と遺伝子は、共に「命」とつながるものであり

自分を超える大いなる存在と結びついているという点で

人間にとって大切なものであるとおっしゃっています。

 

 

私は、スピチュアルなものとは、心と身体をつなぐものであり,

大いなる存在と結びついている感覚ではないかと思っています。

 

 

そして、真にスピリチュアルであるということは

現実に根付いているものであり、自分の「今、ここ」の人生を

しっかり生きていることから始まると思っています。

 

 

それは、宇宙の真理に沿った高貴なものであり、

現実を見極める真実の目を持ち、

大いなる存在との繋がりを感じられるもではないかと考えています。

 

 

私たちは、波動であり、

大宇宙と、小宇宙である私たち人間を結びつけるもの、

それが霊気と呼ばれる愛のエネルギーです。

 

 

私は、霊気は、自分の中の大いなる存在とつながる

素晴らしいメソッドだと思っています。

 

 

 


感謝の祈り

OJS_utukushiikabennnotubaki500

 

皆さまとの繋がりが

 

自分の力を遥かに超えていく

 

 

 

力を合わせることの素晴らしさ

 

 

 

意識を合わせて

 

一緒に何かを成すことの偉大さ

 

 

 

私たちは、みな、個であるけれど

 

深いところでは繋がっている

 

 

 



 

思いやり

 

勇気

 

支えあうこと

 

喜び

 

助けあうこと

 

わかちあうこと

 

 

今日も皆さまからたくさんの愛や勇気をいただいて

 

皆さまの存在と繋がりに 心から感謝しています

 

 

 

今日もたくさんのありがとうを感じながら

 

 

 

感謝とは、存在と存在を繋ぐ

 

静かな祈りなのかもしれない・・ と

 

そんなふうに感じました。

 

 

 


静寂

TUY_takachihokaranoyuhi500

 

自分の本当の気持ちも

 

それを表現する言葉も見つからない時がある

 

 

そんな時は、無理をしない

 

信じて、 静かにその時を待つ

 

 

 

戻ってきた感覚は、確かなもの。。。

 

 

 

迷路に嵌まったように思えても、

 

私たちは 自分の人生の頂上に向かって歩いている

 

Chika☆


創造

MAR86_demo-ruhoseka500

 

競い合うことよりも

 

協力することを選びたい

 

 

誰かと比べて、一番になることよりも

それぞれが、一番であるということを

祝福できる私でありたい

 

 

毎日、コツコツと色々なこと積み重ねていって、

少し前の私より、一ミリでも成長していたら

嬉しいな。。。

 

 

ダライラマ法王が言っていた この言葉が大好きで

一日に何度も心の中でつぶやく

「まずは、知ること。 成長は、徐々に、徐々に・・」

 

 

まずは、知ること・・

そして、日々の生活の中で、 気づきや、知識を実践していく・・

 

 

マイペースは、 私のペース

あぁかな、こうかなと、バランスを取りながら

工夫してやっていくことが 本当に楽しい

 

 

自分という船の船長は、私自身なのだから

これからも 人生の大海原を

私しらしく、楽しみながら舵をとっていこう