心から愛と感謝をこめて

PAK56_midorrinonakanobench500-thumb-750x500-2835

昨日、6月9日(日)は、第12回目のレイキ・シェアでした。

午前中は、Pure Presence レイキ・シェアの会からマスターになられた方の

マスター研鑽会を開催しました。

 

午後から開催したレイキ・シェアにご参加くださいました皆さまは、

マスター研鑽会からそのままレイキ・シェアに参加くださった方

今、Pure Presence レイキ・シェアの会でセミナーを受講してくださっている方

いつもレイキ・シェアに来てくださっている方

前回に引き続き、ご夫婦でご参加くださった方

ネットでレイキ交流会を検索して、ホームページを見てご参加くださった方

片道3時間もかけて遠方から来てくださった方

チカちゃんが一生懸命にやって伝えているレイキってどんなのだろう・・と言って

来てくれた仲間たち。

本当にいろいろな思いでご参加くださった皆さまの顔合わせでした。

 

前からお知り合いの方達もいれば、初めてお会いする方達もたくさんいらっしゃいました。

レイキ・シェアでは、現代レイキの技法で自己を浄化し

その後、エネルギーの流れを良くして

さらに、癒しの波動との共鳴を高めるための技法を取り入れて

自分のエネルギーを最高の状態にもっていきます。

 

今回も、ゆっくりと丁寧に時間をかけて

皆さまと一緒に自分の本来のエネルギーを取り戻していきました。

今回は、いつもに比べて、特に、皆さま、「眠い、眠い」を連発されていました。

レイキと響きあって、ヒーリング効果が高まってくると、眠くなってくることがよくあります。

今回は、ご参加くださった方の人数が多かったせいか、癒しの場のエネルギーが

より高まったように感じました。

 

休憩をはさんで、2人一組になって、ヒーリーさんとヒーラーさんに分かれて

いつものようにレイキ・ヒーリングをしました。

レイキは、愛と調和の実践です。

 

ヒーラーさんになられた方は、皆さま、ご自分の念を入れずに

純粋にレイキの通路になることに意識を合せて

相手の方に、真摯に、丁寧に、手を当ててレイキ・ヒーリングをされていました。

 

ヒーリーさんになられた方は、本当に気持ち良さそうに

居眠りをされている方もたくさんいらっしゃいました。

レイキ・ヒーリングが終わった時に、皆さまが満面の笑みで、

お互いにヒーリングをしてもらったことに、感謝の気持ちを伝えあっている姿を見て

思わず、熱い思いが込み上げてきてしまいました。

 

私が、本当にお伝えしたいこと、大切にしたい思いがそこにあったのです。

皆さまが、笑顔で感謝を伝えあう光景を見ながら

ただ、ただ、感動する思いを抑えながら、なんて有難いことなのだろう・・

本当に感謝以外の何ものでもない・・と、祈るような気持ちで

皆さま姿を静かに見守っていました。

 

レイキ・シェアは、レイキの体験会・交流会ですが、

ご参加くださる皆さまは、それぞれに、

ご自分に必要なメッセージを自ら気づき、汲み取っていかれます。

 

今回も、皆さま、多くの気づきを得たと、私に伝えてくださいました。

レイキと響きあうことによって、自分の深くにある、

気づきという名の叡智を汲み取りやすくなるのは

高次元の波動と響きあうことによって

自分が、よりピュアになるからではないかと思っています。

 

レイキ・シェアを終えられた時の皆さまの笑顔が、本当に嬉しく、心からの喜びです。

ご参加くださいました皆さまに心から感謝しています。

心からありがとうございます。

P1000502

レイキ・シェアを終えて、すぐに帰れられた方もいらっしゃるので

全員写真に写っていませんが

皆さまと一緒に写した写真を載せさせていただきました。

 

実は、レイキ・シェアにご参加くださった方が、写真を撮る時に

「チカちゃん、この写真をホームページに載せたらいいよ。」と言ってくださったのです。

 

最初、私が躊躇していたら、皆さまが、「そうだよ。そうだよ。」 と言ってくださって

皆さまの好意に甘えて、写真をUPさせていただくことにいたしました。

レイキ・シェアの様子が、少しでも伝わると、とっても嬉しいです。

P1000501

宇宙からの贈り物を受け取った皆さまとともに。。。

宇宙いっぱいの愛と感謝をこめて。。。

チカ☆

P1000505

このお花は、レイキ・シェアに来てくださったご夫婦の方が

プレゼントしてくださいました。

「チカちゃんは、絶対ピンク色が好きだよね♪」と言って選んでくださったそうです。

私の大好きなピンク色のお花です。本当に嬉しかったです。

心からありがとうございます。