光が当てられて

NS525_higaatarupinknobara500-thumb-750x500-1575

 

今日は、第8回目の宇宙平安の祈りの日でした。

 

今日、皆さまと一緒に宇宙平安のお祈りをしている時に

全宇宙、生きとし生ける存在を感じながら

同時に、一緒にお祈りをしてくださっている

皆さま、おひとりお一人の存在を感じていました。

 

静寂の中に、皆さまとの繋がりを感じ

感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

ただ、ただ、静寂の中で、愛と調和の光の波動を広げながら、

私は、今回、自分自身の中にある、癒されていない思いに

光が当てられていくのを感じていきました。

 

正直にいって、そのことは意外で、少し驚いている自分がそこにいました。

なぜなら、自分でもそのことには、もう既に気づいていて

とっくにクリアになっていると思い込んでいたからです。

 

なのに、今回、その思いに、何故か今日のお祈りの最中に

光があてられたのです。

 

あぁ・・だから、私は、いつも外界からの同じような出来事に、

傷いたり、それに反応して、腹が立ったりしてしまうんだなぁ~と

気づきました。

 

皆さまからの愛と調和の光を感じながら、

自分の心が、どんどん静かに、平和になっていくのを感じました。

そして、私のその癒されていない部分に

皆さまの愛と調和の波動が届き、そこが温かい光の波動に包まれて

癒されていくのを感じました。

 

自分一人では、どうしようもない思いであっても

こうして皆さまから愛と調和の光をいただくことで

解放にむかっていくのだと改めて感じました。

 

確かに、最終的には、自分で自分を癒すのだと思いますが

それ以上に、皆さまとの繋がり、人と人とが愛の波動を合せることが

どれだけ大切なことなのかということを

今回、自分のことを通して知りました。

 

宇宙平安のお祈りに参加すると、

癒しが必要な人は、同時に癒されていくと言われていますが

まさに、今回は、私にとってそうした体験でした。

ありがとうございます。

皆さまに心から感謝しています。

 

今日、気づいた、私の中のまだ癒されていなかった部分・・

癒されるためには、もう少し時間が必要なのかもしれないなぁ~と思いました。

癒しも、徐々に、徐々に。。。

 

これから、毎日、少しずつ、私自身でそこに愛と調和の光を

当てていってあげることにしました。