3187841380_4b714192e3_b

 

幾つもの山を越えた

 

時には、道に迷い

 

彷徨い、滞る日々もあった

 

 

 

自らの意思で創り続けた希望と

 

存在からの光は

 

暗闇の中のゆくてを照らし続ける